2018年10月8日月曜日

【福井国体 千葉県選手 結果のご報告】

CTU会員のみなさん
こんにちは!
普及強化委員 安藤です。昨日は福井国体トライアスロン競技が行われました。
結果を報告します。
女子
上田優勝🙌
有薗42位
男子
渡部10位
玉崎17位
以上でした。
千葉県選手団としてのポイントとしては、女子8点が加算され、県の得点に貢献することが出来ました。
選手たちも千葉県に貢献すべく、団結して頑張ってくれました💕
表彰式等を経て、ささやかながらチームで祝勝会を行いました。
応援ありがとうございました🙇
CTU普及強化委員 安藤





2018年10月5日金曜日

福井国体 千葉選手団現地入り!

福井国体に出場する千葉県選手が現地入りしました。

千葉県トライアスロン連合理事 安藤監督からの現地レポートです。
みなさん、福井に向けて熱いエールをお願いいたします!

---------- 以下、安藤レポート ----------
本日は経由地の諏訪湖から移動し、福井県高浜に入りました。
なお、本日は諏訪湖付近のプールでスイムを行い、移動後は高浜にてランコースの下見を行いました。
また、レースですが台風の影響を鑑み、距離短縮のスプリントディスタンスで行われることが確定しています。

更に明日は、予定した試泳も行われませんが、午後からの受付・説明会・監督会議等は予定通り行われます。

現地のコンディションは、風はありますが曇りで、予報では曇基調で推移し、明日は暑いですが、当日は風も南から北に変わるため、暑さもさほどではなさそうな感じです。

レースに向けて、出来ることをシッカリこなして行きます。
応援よろしくお願いいたします。

現地入りした千葉県選手団(左から玉崎、有薗、上田、渡部)

2018年10月2日火曜日

高校選手権結果(ちばユース選手)の報告です

26日、京都にて高校選手権が行われました。
金曜日に台風20号が通過し、川の増水などあり、スイム中止でデュアスロンとなりましたが、園川さん始め、運営スタッフの皆様の御英断と御尽力で無事終了することができました。
なお、参加は男子・増田誉大、女子・立原芽依の2名(安藤帯同)
増田 25位
立原 5位 でした。
それぞれが全力を尽くし、正々堂々戦ってきました。特に立原選手は、五位入賞と結果も残せました。
また、シーズンも後半戦となり、選手たちはオールキッズ・インカレ・村上・国体・日本選手権と続きます。引き続き、応援よろしくお願いいたします。

CTU普及強化委員 安藤幹夫




関東合宿終了しました

今年も群馬県で行われ、千葉県からは、ちばユースの「立原芽依」が参加しました。
参加選手は総勢20名ほどで、ほとんどが群馬県勢でした。他県は、千葉県の1名、埼玉県から2名の派遣と一般1名・都内大学生3名といったメンバーでした。

私は、最終日しか帯同出来ませんでしたが、スイムはプール・バイクは山のライド・ランは陸上競技場で、本朝もデュアスロンをハードに行ったようです。
参加した立原からは、それぞれの種目で勉強&筋肉痛(笑)になったと申しておりました。

追伸
週末8月18日19日は、長柄でちばユース合宿があります。
こちらは、6名の選手が参加予定で後半戦となる「日本選手権」「アジアカップ」「インカレ」「高校選手権」「オールキッズ」などに向けた合宿です。
選手もスタッフも頑張ってきますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

CTU普及強化委員 安藤幹夫


2018年10月1日月曜日

「CTU会員 チーム紹介」のご案内

千葉県トライアスロン連合ホームページでチーム紹介しているページのリニューアルをはじめました。
第1弾は JTRC千葉 さんです。
段階的に旧ページ  http://ctu.xsrv.jp/ctu/team/team.htm のチーム情報もこちらに引越し予定です。
CTUではみなさんのチームの活動をどんどん紹介してゆきます。
仲間募集、練習会などの情報などホームページ、Facebookなどで活動を紹介させていただきます。
場合によっては、こちらから取材もある⁉︎かもです。
気軽に声掛けしてくださいね。
http://chiba-triathlon.jp/team-introduction/





2018年9月30日日曜日

CTU国体強化合宿について(9月30日)

私は昨日から標記合宿に帯同しておりますが、なんと台風接近ながら奇跡的に長野は晴れハードなポイント練習が行われました。

また、本日は村上大会がありCTUからも選手が参加しました。
村上の結果は

男子:渡部29位、小池59位
女子:加藤18位、有薗31位

でした。良い結果は残せませんでしたが、選手にはここからスイッチを入れて、国体で活躍できることを期待しております。

今後のスケジュールは、10月4日には下山して、諏訪湖にて調整し10月5日に福井に向かいます。
山根コーチの元、引き続き合宿では気を引き締め安全第一で頑張って参りますので、よろしくお願いいたします。
普及強化委員 安藤幹夫



2018年8月27日月曜日

CTUインサイド キサトラ審判員活動編

全国屈指の参加選手規模で開催された木更津トライアスロン大会2018に参加された選手のみなさんお疲れ様でした。このビッグな大会を支えるため審判の規模も最大級60名近くの審判員を配置しました。
トライアスロンシーズン真っ只中、千葉県以外の助っ人審判員が関東はもちろん、北は北海道、西は関西まで多数協力いただきました。ありがとうございました。
選手のみなさんも暑さで大変だったと思いますが、審判員も同じでした。木更津大会は自衛隊基地をお借りしているため、大会会場の設営、撤収は当日だけの力作業、コーンを撒くのも審判員の重要な任務。知ってました?審判員活動はボランティア活動なんですよ。
今回は全国から手弁当で審判員活動支援をいただきありがとうございました。スポーツボランティア系の中でも、トライアスロン審判は、知識、経験、現場力が鍛えられます。また審判員のほとんどの方が現役トライアスリートや経験者、あるときは選手として大会を楽しむ立場でもあります。審判員活動を通じて、全国のトラ仲間とトラ談義を交わせる前日ミーティングは審判員の大きな楽しみのひとつです。
毎年度2月前後に審判員講習会が開かれます。どうです?みなさんも審判員で大会に参加してみませんか?選手の気持ちが判る、熱血審判員を募集してます❤️
ここにくれば全国はもちろん海外のアイアンマン大会まで色々な情報もゲット出来ますよ!
CTUでは審判員も1年間を通じて最も貢献した審判員をCTU表彰式で表彰しています。
昨日のキサトラ審判長は、昨年度の最優秀審判員で表彰された方でした。お疲れさまでした。

【ICT活用 大会実証報告】最先端ICT活用大会の取り組みについて

“トライアスロン王国千葉”を自称する千葉県トライアスロン連合では、トライアスロン大会での選手の「安心・安全」を目指し、最先端技術を活用した実証を県内ICT企業である(株)エス・イー・シーハイテック様※の協力のもと、昨年末から3大会での実証評価を実施して参りました。(実証実施大会:手賀沼デュアスロン大会2018、成田キッズトライアスロン大会2018、手賀沼トライアスロン大会2018)
経過報告をさせていただきます。
本サービスは、選手を応援するご家族や友人に対して、競技中に選手がどこにいるかをリアルタイムで知ることが出来る位置情報サービスです。同様な仕組みは他の大会でも見受けられますが、計測チップの通過点計測での精度の低い位置情報、もしくは高額機材や費用がかかるなGPS受信機に対応したものなどがあります。大会運営、審判としての意見を反映して開発いただいた同社のシステムは、BLEマーカーを活用した新たな着眼点で今後、千葉県はもちろん他県などの各大会へ普及展開が出来る可能性を秘めていると考えています。
本サービスは、審判団向けにも、選手の事故、トラブル対応にいち早く対応するため、計測チップとあわせて、選手のスイムトラブル、ドラフティング監視などにも大きな成果を発揮できるものとして期待しております。
トップ選手や最後尾選手、任意の選手の状況をリアルタイムに画面上で監視が出来るため、審判や運営側も最小限のリソースで、的確に先回りした大会サポート体制の構築が可能になります。
なお、本システムの紹介は、CTU会報 73号でも詳しくご紹介させていただく予定です。
ご期待ください。 
※(株)エス・イー・シーハイテック様 https://www.sech.co.jp/
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト










2018年7月28日土曜日

2018いなげの浜オープンウォータースイムスクール

今年で8回目を迎えた「いなげの浜オープンウォータースイムスクール」
申込開始いたしました。
オープンウォーターが苦手な方、スキル、レベルアップしたい方は
この機会にぜひご参加ください!
トライアスロン日本代表経験のある、経験豊富な講師が
安全に!楽しく!皆様にご指導いたします。

毎年人気で、締め切り前に定員となってしまいますので、
お早めに申し込みください。
(締切:開催日の3日前)
*当日締切も有、事前に連絡必須


開催日:84日 ・ 811日 ・ 818日 ・ 825
時間:14:0016:00(受付13:30-14:00)

2018年7月10日火曜日

市川アクアスロン 7/8 開催されました

11回目を迎えた市川アクアスロン大会が、前日までの大雨から一転、快晴の中で7月8日に開催されました。
この大会はキッズ、中学生、大人を対象としたレースで、CTUキッズ三大大会(カナル、市川、成田)のひとつです。初めての子から本格的な子まで大勢が参加してくれました。将来が楽しみですね。
レースの後には、太田麻衣子(通称マイマイ)コーチのスクールも開かれみんな大満足です。
市川マイティの皆さん、ありがとうございました。
写真はCTU広報員の太田笑子さんがはち切れんばかりの笑顔をいっぱい撮ってくれました。


























2018年7月8日日曜日

上田藍選手/世界デュアスロン選手権銀メダル

7月6日(金)にデンマーク・フュン島にて開催されたITU世界デュアスロン選手権におきまして、千葉県トライアスロン連合所属の上田藍選手は2位となり銀メダルを獲得しました。

上田選手、おめでとうございます。

結果はこちらからどうぞ。

2018年7月3日火曜日

仙台七ヶ浜でU-19・23の日本選手権が開催

 CTU普及強化委員 安藤理事からの活動報告です
仙台七ヶ浜でU-19・23の日本選手権の結果は
 U-19男子
大浦1位  小川10位  花岡秀42位 増田37位
 U-19女子
立原11位 花岡愛6位 内田14位
 U-23男子
玉崎11位
U-23女子
有薗10位

現在はちばジュニアではありませんが、男子堀田が10位(明治大学・稲毛インター)

U- 19で男子大浦選手が優勝。花岡選手が女子6位と結果を残しました。
選手たちは、それぞれの環境で、真摯に大会に取り組み、全員がトライアスロンキングダム千葉の一員として、頑張っていたことを、ここに報告させていただきます。
今後も大会は続きます。8月の合宿を経て、後半戦に向かっていきたいと思います。 

最後に、園川・石井・伊藤・西廣さん始め、多くの千葉県審判スタッフが、サポートしてくれていることが、選手の安心感や励みになっていることを今日も強く感じました。有り難うございました。

今後も応援よろしくお願いいたします。



タテトラ(館山わかしおトライアスロン大会)6/24 終了しました

選手のみなさん、ボランティアのみなさん、応援のみなさん、審判・運営関係者のみなさん、ありがとうございました。

大会当日は朝から悪天候でしたが、午後には眩しい太陽。
それぞれに色々なドラマがあったと思います。
スイムスタート時でのやや緊張した顔がフィニッシュゴールではみなさん達成感に満ち溢れた輝く笑顔に変わっていました。
みんなが感動しました!お疲れ様でした。また来年もタテトラでお逢いしましょう!
千葉県ポイントランキングもスタートしています。
手賀沼、木更津、九十九里、銚子とあと4大会あります。 まだまだ千葉は盛り上がります。
タテトラリザルトはこちらです。
http://tate-tra.com/index.html#result

2018年6月26日火曜日

6月24日 関東カレッジ大会に参戦しました

ちばジュニアの大学生は、同日開催の関東カレッジ大会に参戦しました。

結果は
大浦直繁 2位
玉崎稜也 7位
小川颯斗 完走(順位未確定)
大勢参加する大会でしたが、各々結果を残せたかと思われます。

なお、今週末の7月1日は七ヶ浜U-19・23の日本選手権です。
この流れで良い結果も残せればと思います。
私が帯同して、チームで頑張ってきますので、応援よろしくお願いいたします。
【参加予定選手】
有薗・玉崎・大浦・小川・内田・花岡秀・増田・立原・花岡愛

CTU普及強化委員 安藤

2018年6月4日月曜日

関東選手権ちばジュニア&ユース活動報告

本日6月3日、福井国体の千葉県予選となる関東選手権が渡良瀬遊水地にて行われました。
千葉県からの国体希望者は、男子が13名、女子が3名と、他県を比較してもエントリーが多い中、それぞれが代表を目指して戦ってくれました。(国体代表は、7月の理事会を目途に正式決定したいと思います)

なお関東選手権は、男子ではちばジュニアの玉崎選手が参加し、国体申込者の中で、千葉県先着の6位を果たしました。
また女子では、有薗選手が先着の11位となりました。
それから、ちばユースの内田選手には、まだ関東選手権にはレベルが及ばないとの判断から一般の部に参加しましたが、こちらは見事に優勝を果たしました。 
彼らの活躍に私達、スタッフも感動です!!

次週は、大阪城大会です。
私も帯同し、男子3名・女子2名が参戦します。どうか応援よろしくお願いいたします。 

千葉県トライアスロン連合
普及強化委員 安藤幹夫




2018年5月25日金曜日

7/16(月祝)「女性トライアスリートの健康障害予防とパフォーマンス向上」講演会のお知らせ

2020東京オリンピック・パラリンピックの開催が2年後となりました。先の平昌オリンピック大会での日本の女性アスリートの大躍進は国民の記憶に新しい事と思います。
 そのようななか、女性アスリート、特にトライアスロン競技では女性特有の健康障害である ”Female Athlete Triad ”すなわち運動性無月経、栄養障害、骨粗鬆症の問題にどう対処していくか、さらには目標とする試合スケジュールに合わせてどのようにパフォーマンスをベストに調整していくかは、既に欧米諸国のスポーツ現場ではメデイカルサポートとして普及している現状があります。
 この度、東京都トライアスロン連合では女性アスリートが安心してトライアスロン競技に参加できるようメデイカルサポートしていきたいという思いで「女性トライアスリートの健康障害予防とパフォーマンス向上」講習会を開催することになりました。
 今回は女性がプロ・アマの隔てなくあらゆるレベルでトライアスロンに関わることができる方法を探り、そしてその活動を通し年齢に関係なく活力ある人生を持ち続けることができるスポーツのパワーを再発見して頂くためのテーマを設けました。
 女性がスポーツを通して健康になり、スポーツで社会参加ができる環境づくりの一助になればと思います。東京都トライアスロン連合メディカル委員会ならびに女子委員会は、これからも女性トライアスリートを支援してまいります。
以下のリンクから参加申込を受付けます。皆様、奮ってご参加ください。

 日時 :2018年(平成30年)7月16日(月曜祝日) 13時~17時
 会場 :昭和大学病院臨床講堂(東京都品川区旗の台1-5-8 昭和大学病院入院棟地下1階)
 定員 :100名 (※先着順、定員になり次第締め切らせていただきます)
 参加費:無料
 応募方法:オンライン申込先 https://ws.formzu.net/fgen/S37206017/
 締切 :2018年7月15日

 主催 :東京都トライアスロン連合(TMTU)
  運営  :東京都トライアスロン連合(TMTU)メディカル委員会、女子
委員会

<プログラム>(予定)
 13:00 受付開始
 13:25 開会・挨拶
 13:30 講演Ⅰ.「女性トライアスリートのための健康障害予防とパフォーマンス向上」 90分
         講師 白土なほ子(昭和大学産婦人科学講座講師、TMTUメディカル委員)

 15:00 講演Ⅱ.女性トライアスリートに起こりやすい運動器障害 30分
       講師 平泉 裕 (昭和大学整形外科学講座客員教授、TMTU理事・メディカル委員長)

 15:40 講演Ⅲ.女性トライアスリートのための栄養管理 60分
         講師 篠原絵里佳
(管理栄養士、アスリートフードマイスター、日本抗加齢医学会認定指導士)
 16:40 閉会・挨拶

お問い合わせ先 :
一般社団法人 東京都トライアスロン連合事務局 女子委員会(担当:小田)
TEL: 090-6005-3000
E-mail: applegg@gmail.com

2018年5月22日火曜日

東京オリンピック・パラリンピックアスリー​ト強化・支援事業(ちばジュニア強化合宿)


千葉県トライアスロン連合では、県独自に若手の選手を強化選手に指定し、定期的に合宿を行っています。
今回は、5月19日・20日に千葉県長柄町「リソル生命の森」にて、U-15・19日本選手権へ向けて2日間の強化合宿を行いました。
当日は、他の大会や合宿が重なり、4名の参加でしたが、杉本コーチ・山本トレーナー(両名とも千葉県連合普及強化アドバイザー)の指導の元、充実した合宿を行うことが出来ました。
以下、簡単に内容と活動写真を掲載します。

5月19日(土)
AMバイク理論~ラン理論・ドリル





PMスイムトレーニング~ミーティング


5月20日(日)
AMスイムトレーニング~デュアスロン






PMスイムトレーニング~ケア~ミーティング 

以上の日程で強化トレーニングを行いました。

世界へ向け、全国に向け、地域に向け、それぞれの選手が、頑張って参ります。
皆様には、今後とも選手への御指導御支援の程、よろしくお願い申し上げます。

千葉県トライアスロン連合

普及強化委員 安藤幹夫







2018年5月17日木曜日

パラトライアスロン豆知識

「Swim Exit Assistant(SEA)」と「スリングシート」

パラトライアスロンでは、両足が不自由な方も参加されるので、スイムから上がる時にサポートが必要です。そのときにサポートを行うのが、大会側が用意する「スリングシート」とSEAのスタッフです。スイムアップしてきた選手を「スリングシート」(写真)を使い、トランジションエリアまで搬送含めたサポートを行います。SEA2人が両サイドからスリングシートを持ち、スリングシートに選手を乗せて移動します。いわいる担架状態です。

下の写真は先週開催されたWTS 横浜パラトライアスロン大会でSEAチームが実際に選手をサポートしている生写真です。

千葉からもWTS 横浜大会のSEAチームに4名が参加しました。
スリングシートは千葉県トライアスロン連合でも保有しておりますが、まだ日本でも限られた枚数しかありません。

今年もタテトラでもパラトライアスロン大会を開催します。
実際にSEAの活躍を観ることが出来るかもしれませんね。

選手にとってはトランジションのタイムにも関係しますが、安全・安心、笑顔で選手をサポートするのがSEAの任務です。