2021年9月12日日曜日

東京2020大会 ブログ③ NTO参加報告


東京2020大会ブログ 第三段は、千葉県連合所属で、オリンピックにNTO※として参加された M.B さんです。

    ※NTO :national technical official (国際審判員)


こんにちは!


私は東京オリンピックにはNTOという日本人の審判として参加しました。

チーフ ペナルティボックスに割り当てられました。


セルビア人の女性がアシスタントでした。


ペナルティボックスには電子とマニュアル(手動でレース番号や違反の内容が分かる違反コードを貼る)の二つのボードが用意されていました。

電子掲示にはタッチパネルが接続されていて、レースナンバーをセットして選手がペナルティボックスに入ってきたらスタートボタンを押します。

するとセットされてたタイムのカウントダウンがはじまります。

選手がペナルティボックスに入ってきた到着時間はフィールドキャストの方にお願いしました。


審判長からペナルティ関係の連絡があるとドキドキしながら無線に集中しました。

選手がペナルティボックスに入ってくるとテレビ中継カメラも掲示板を捉えます。間違いがあってはならない、を強く意識させられました。



また、相棒であるアシスタントとは最初はうまく関係が築けませんでした。思ってることを全て口に出す彼女と険悪になってしまったのです。

一瞬は自分の気持ちが弱くなったけれど、思い直して、分からないことは分からない。と明確に告げることにしました。するとアシスタントとの関係は改善しました。思っていることを伝えることが、文化の異なる人たちと協力して活動するために必要なことだと学びました。

また、チーフトランジションやチーフランの人にも、毎日挨拶することを意識しました。何故なら彼らは私のポジションの近くにいたからです。

積極的話すことで彼らとの連携もスムーズにとれるようになりました。

例えば私が機器の移動をしていると、彼らが走った来て手伝ってくれました。

また、私も彼らの頼み事にも対応しました。

ここから先にはウォーミングアップで選手を侵入させないで。とか、選手がスタートしたらここに通行止めの柵を設置するのを手伝って。ということに対応しました。

海外から来てるITOの人たちと、少し距離が縮まった気がして嬉しかったです。


先にも述べましたが、ペナルティボックスは間違いがあってはならないポジションです。だから強い緊張感で毎日を過ごしていました。寝れない。朝は全く食べれない。お腹がいたくなりそう。頭痛がする。そんな体調と闘う日々でした。

無事に大会が終わり、今はとにかく安堵の気持ちでいっぱいです。

どのくらいの時間が過ぎれば『ロス』な気持ちになれるのか、今のところ分かりません。

〔バッグのサインは、選手ではなく、国際審判員のタノス、
TDメロディ、ホルヘのもの。オリンピックに参加した
記念として大切に保管します〕



安堵とともに感じているのは感謝。

それはフィールドキャストの存在がとても心強かったことです。日本語が通じる。また多くの方が審判であるのでルールを把握していることで、コミュニケーションもよりスムーズに出来ました。

多くの方の協力があって、東京オリンピック、トライアスロン競技は開催でき、無事に終了することが出来ました。

オリンピック、ミックスリレーのメダリストとITO and NTO






本当にありがとうございました!


また、仲間と会える日を楽しみにしています!





2021年9月5日日曜日

東京2020大会 楽しんできました (2人目)

CTU関係者も数多くTokyo2020オリンピック、パラリンピックに様々な形で関与しました! 
その思いが薄れないうちに、順番に、紹介していきます!

 第2弾は、私ことJ-Mです。

 Tokyo2020パラリンピック・トライアスロンは終わってしまいました。。
 仲間内での合言葉は、ボラボラロス。。

 画像は、競技終了後の集合写真、事情により帰宅された方も多く、この倍近い方が様々なサポートを行いました。

私は前出のカッパ隊長と同じく、 オリンピック→横断路担当                パラリンピック→SEA ※1                  (おまけでアイスバス※2担当) 

 TV中継をご覧になった方、覚えていますか?
 トライアスロン男子レースで、コーナーでの落車。 
 近くで横断路を担当していました。 
2台が転倒し、1台は直ぐにレースに復帰しましたが、1台は、、。 
その瞬間は、頭が複雑なグレー(?)に固まってしまいました。。
 幸い、ブロックリーダーが、たまたま落車の真前(最短距離)にいて、 
直ぐにメディカルも駆け付け、対処され事なきを得ました。 

リーダーが居なかったらと思うと今でもゾッとします。 
モヤモヤしながら帰宅し、今更ながら経験不足を痛感し、一晩考えた結果ボランティアとは言え、TO(technical official)と一緒だと思ったのでした。 【懺悔です】 

 パラリンピックのSEAは、2016?年に、チームに参加してから、元気なメンバー達と楽しく(審判活動以外の課外活動も!!)過ごす事ができたのですが、
迎えたプレ大会2019年パラは、まさかのスイム中止。 。
それでも、2021横浜大会での修羅場が良いシミュレーションになり、 パラリンピック本番では、技術系代表からお褒めの言葉も頂いたようです。 






 





レース2日目(SEA公式活動日では5日目)は、PTWC※3の後、PTS5※3 のサポートをせず、急遽アイスバス対応となりました。 
アイスバスは選手のリフレッシュルーム奥にあります。 
そこでは全身全霊をかけて、挑んできた 選手達の喜怒哀楽を
垣間見る機会がありました。 

 金メダルを取った雄叫びとも言える喜び、
  レースで迷惑をかけた他の選手への心遣い、
  負けた事への悔しさ、
  やり遂げた喜びと感謝をハンドラー※4と分かち合う
 (プライベート💙な)お姿などなど。。

 我らエイジグルーパー、いや一般選手と同じ、等身大のアスリートのお姿があったのです。





 






オリンピック・パラリンピックの選手に対してでも 、各地方団体が主催するローカル大会に出場するエイジ選手に対してでも、大会の格は違えど、サポートする喜びは共通すると思います。 

トライアスロン国際レースの最高峰であるオリンピックは終わってしまいましたが、 トライアスロン大会は、各地で開催に向け絶え間ない努力が続いています。 
選手の活躍を陰で支えつつ、CTUで一緒に楽しみませんか?



 ※1 SEA : Swim Exit Assistant パラトライアスロンで、スイム終了後の選手を抱えあげて運ぶために、大会側が用意する専任スタッフ。 

※2 アイスバス : 氷風呂(12度と、15度が用意されていました) 激しい運動で上昇した体温を抑制するだけで無く、炎症を抑え疲労回復促進効果がある。

 ※3 PTWC PTS5 : 簡単パラトライアスロンガイド ご参照 https://www.jsad.or.jp/about/referenceroom_data/competition-guide_11.pdf 

 ※4 ハンドラー : PTWCクラスの選手1名に1名専担で、レース前後とレース中の決められた区間でサポートを行う人。 

💪TO資格が無くとも、今応募できる大会ボランティア9/17まで募集中です! https://chiba-tra.jp/cast-2021/

📑CTUの方から、東京2020大会ブログ原稿もお待ちしています。

2021年9月1日水曜日

東京2020大会楽しんできました

東京2020大会トライアスロン競技、パラトライアスロン競技は、フィールドキャストのボランティアとして、大会審判員として、選手としてなどなど、様々にCTUの仲間たちが頑張って大活躍でした

 お陰様で無事大会も終了し、数年間準備してきた苦労や想いで、2020大会での日々がドラマや映画のように最後のエンディングを迎えました!みなさんお疲れ様でした

わたしにとって東京2020大会ですが、この数年間の目標の集大成でありました

東京2020大会を楽しむために、JTU 審判員資格を取得、NTO国際審判員資格も取得し、大会を支える審判員活動を色々な観点で経験を積んで学んできたことで、選手の応援以外の目線でオリパラを楽しめました

わたしの場合、オリンピックではバイクコース横断路SCで全国の仲間たちとコースを守り、パラリンピックではSEA(Swim Exit Assistant)というミッションを担当させていただき、世界のパラ代表選手のレースの一部となって支えるといったいった一生の想いでを作ることができました

これまでも県内のエイジ大会運営側で、大会運営を支えてきましたが、東京2020大会では、組織委員会の職員として大会を支える仕事に加わり、世界で一番ビッグな大会の裏方でコロナと戦いながらインクルージョン&ダイバーシティな環境の中、日本で開催する2020大会の安心・安全を裏方で支えるという、人生2度とない貴重な経験を積ませてもらいました

このように、東京2020大会では、CTUから100名以上の方々が何らかの形で大会を支えるミッションで大会を支え、様々な経験を積んだ仲間たちがたくさんいます

まさに、CTUもダイバーシティ&インクルージョンな仲間たちの集団です
はっきり言って、変人も多くてとても面白いです
トライアスロンやる人って、そんな人多いですよねぇ(笑)

選手で大会に参加という楽しみ方はもちろんですが、大会ボランティアや審判員活動で、新しい自分を見つけてみませんか?楽しいですよ!

今のわたしは、選手としてのCTUだけではなく、ボランティアとして、理事や委員会活動を支えています
パラ選手の練習支援活動からWebや Facebook、広報誌などの広報活動…
ある時は、審判員、ある時は審判長や技術代表など、競技参加以外にもトライアスロンを楽しめる楽しい場所がいっぱいあるんです

一緒にトライアスロンライフを楽しみましょう! 
レッツ ジョイン CTUボランティアファミリー!
参加お待ちしてます❣️
                          by かっぱ隊長


【東京2020パラリンピック大会 ポンツーンエリアで活動するCTU仲間たち】
   東京2020スイムエリアチーム それぞれの役割でみなさん大活躍でした❣️




2021年8月24日火曜日

【パラ選手】紹介せずにはいられない


カッコ良すぎて紹介せずにはいられない!

パラリンピック Tokyo 2020 始まりました。


CTU所属 秦 由加子選手もパラトライアスロンPTS2女子の部に出場します。


https://m.youtube.com/watch?v=L0Durb-J2BE&t=0s


https://www.jtu.or.jp/tokyo2020/para/?fbclid=IwAR2vkFxKrqEGKcHu2vOtrNwrzvGdv_xCx9FdWhwK4AFjph9sEiXMaVOBxhA



CTUは出場選手を応援します!

CTUメンバーも大会をサポート致します。

2021年5月28日金曜日

技術代表(TD)虎の穴

「虎の穴」をご存知でしょうか?

そう!タイガーマスクのアレです。

    ※詳しく知りたい方はググって下さい。


「虎の穴」と技術代表(以下TD)、審判長(以下HR)の共通点は、人知れず存在し、厳しい鍛錬が伴うという点でしょうか。。

でも、TDHRは、悪役では有りません(正義の味方ですが、タイガーマスクにはなれません)、生きて帰れますし、組織は壊滅しません!!


今回、ある「準備会議」にHRとして誘われ、厳しい鍛錬の場を目の当たりにする事になったのです。


因みに、トライアスロン大会におけるTD(technical delegate)とは、大会においてルール通り競技が運営されているかの責任者です。

千葉県内の大会によっては、コース設定やトランジッションの導線などデザインする、コースディレクターの役割も担う、TOの中でも大会運営側と密接に関わる重要なポジションなのです。


やむを得ず大会中止が続いた千葉シティトライアスロン大会は、3年目の正直で、より良い大会にすべく、運営側中心に着々と準備が進んでいます。春からはTDに加え、カテゴリー毎のHRらも加わり、競技運営(導線等)について熟考しています。


審判団の理想は、選手には伸び伸びと走って貰える様な安全なコース作りなのですが、交通規制の解除時間は制約がある中、最適なスケジュールを、現実と理想の間で考え抜くのです。トランジッションの導線はルールブック通りか?等々。

時には、運営側からの厳しい指摘もあり、再考すること数回、、。

皆さんボランティアという立場で!


初参加が多いHR達は、TD等に期待される役割に戦々恐々、、いや、いつか大きな大会を共にやり遂げる経験値を積むぞ!という思いで、ありがたく勉強させて貰っています。

大会が減ってしまっているのはとても残念な事ですが、競技運営レベルはこれまでと同水準以上を目指すべく、努力してます。


審判活動も早◯年目、様々なバックグラウンドを持つ方々の中での活動は、相乗効果により日常では得ることの出来ない輝くチームプレーも経験でき、たまに感じる奥深さ(今回のように)、

そして千葉県連合には新しい事に取り組める懐の深さがあります!


審判(technical official)活動は、トライアスロン未経験者でも、参加可能です!

ご興味がおありの方は、問い合わせまでご連絡をお待ちしております。

       https://ws.formzu.net/fgen/S73795173/


そして大会参加は、731まで受け付け中です!

       https://chiba-tra.jp/entry/



2021年4月11日日曜日

ブログはブログらしく⁉︎

 

突然ですが、故障しました。

トライアスロンのレースは(練習も一部)お休みしています。

数年前、審判講習会(3種新規)の受講理由を聞かれた時、「故障しても時間を有意義にトライアスロンを楽しみたいから」とか言ってしまった事を思い出しました。。

それ以来、数回の故障経験はありましたが、今回ほど、審判活動をしていてありがたいと思った事はありません。

 

先日、WTCS横浜大会TO 向けSEAトレーニングに参加させていただきました。

 

内容は、理学療法士の先生による介助法指導の後、実技トレーニングを行います。

勿論、COVID-19 感染対策もセットです。

自分の体の状況確認もできアスリートとしても勉強になります。



 

言い忘れましたが、SEAとは、パラ選手がスイムアップする際、サポートする人です。

 



2020年の横浜大会は残念ながら中止でしたが、それまでの数年、お手伝いさせていただき、パラ選手の頑張りに勇気をいただいています!

 

41日にエントリーが始まった「千葉シティトライアスロン大会」にもパラビギナーカテゴリーがあります。

サポート頂ける方も募集しております。

ご興味ある方は是非お気軽にご一報ください!   

2020年7月6日月曜日

【CTUイベント情報】8月1日(土)開催 パラ選手スイム練習会withパラボランティア2020 #01 [中村順子コーチレッスン]

新型コロナウィルスの影響で中断しておりました「パラ選手スイム練習会withパラボランティア2020」を開催することになりました
今年度は、昨年大好評の声に応え、今年度は中村順子コーチのレッスンをガツンとパワーアップ
複数のスイム会場の利用や海でのOWS(オープンウォータースイム)に加え、
視覚障害選手向け、タンデムバイクやガイドランナー体験・練習会も行う予定です

新型コロナウイルスの影響もあり、参加のお申し込みはこちらの専用フォームからお申し込みください


所轄からの指導もあり、今回より事前の同意事項の確認が必要になります
また今年度より事前の申し込み制(各回ボランティア定員10名)とさせていただきます
定員を超えた場合は抽選となります。
参加の決定/落選のお知らせは開催日前日の夜までに登録メール宛てに送付させていただきます。どうぞご理解いただけます様何卒宜しくお願いします。
(パラガイド練習参加費 スイム練習会500円/回)
※OWS練習会は参加費別途